交通事故で警察を呼ばなかったらどうなるの?

Q、交通事故が起きた時、警察を呼ぶのが当たり前という話をよく耳にするのですが、必ずしも呼ばなくてはいけないのでしょうか?

例えば、双方にケガなどもなく、特に車にも傷がなかったり万が一傷があったとしても、さらには怪我があったとしても、その場で双方が納得していれば、わざわざ警察を呼ぶ必要はないと思っています。
警察を呼ぶことによってその場での処理も時間がかかるし、仕事で急いでいたりその他にも急いでいる時には呼ばずに何とか対処しても良いと思うのですが、絶対に呼ばなくてはいけないのでしょうか?

呼ばなかった場合、何かペナルティを受けたりすることもありますか?
事故が起きた時に警察を呼んでも実況見分をして、その後は事故証明書類を作るだけだと思うのですが、それだけならば、やっぱり免許からの減点なども避けたいし、できればその場で話し合いを終わりにしたいと思っています。
もちろん、大きな怪我や車の破損などがあれば警察を呼んだり、保険会社のスタッフを呼んだりすることも考えますが、そうでなければ、自分たちで解決してしまっても良いのではないでしょうか。

A、道交法で決まっており、その後の補償問題についてもトラブルが懸念されます。

交通事故が起きて警察を呼ぶというのは道交法で決まっている内容となります。
ここで警察を呼ぶのは質問の内容にも書いてある通り実況見分なども行い、交通事故についての自己証明書類を作るためとなっています。
また、その後の補償問題について保険会社を通していても、そうでない場合であっても警察が作った事故証明書類を元に双方での過失を決めたり最終的な補償金額を決定していくものとなりますので、やはり警察を呼ぶというのは非常に重要なことだといえるでしょう。
例えその場では双方が今の解決だと思い、警察を呼ばなくても自分が加害者になってしまった際には先方の被害者から数日後に連絡があり、車両についての補償や怪我についての補償などを求められることもあります。

そうなってから保険会社等に連絡をしても事故証明書類がなければ保険会社が対応してくれませんから、結果的には自分が困ることになります。
確かに急いでいる時などはその場で話を済ませてしまいたいと思ったりするものですが、そういった、その場だけの気持ちで話を済ませてしまうと困ることがたくさんあります。
免許証からの減点などについては、もちろんドライバーさんにとって大きなマイナスとなってしまいますが、それでもやはり双方で上記したようなトラブルに発展してしまう可能性があるため、こうした部分を考えると警察を呼んでしっかりと処理しておくことが重要だといえるでしょう。

実際に交通事故が起きた際、警察を呼ばずその場で話が済んだと思っていても後から被害者による請求が行われ、保険を使用することができずに自腹を切ってさまざまな補償をした経験を持つ人もいます。
また、その場で警察を呼んでいなければ、後になって警察に報告しても実況見分などが行えないため警察も親身になって取り扱ってくれないケースがあるので、どんなに小さな事故であっても必ず警察を呼ぶことは忘れないようにしましょう。
自分が被害者になってしまった場合であってもその場だけで話を済ませてしまい、数日後に体の一部分に強い痛みが出てきたり実は骨折していて、入院や手術が必要だったというケースでも加害者に対する補償問題でトラブルになってしまうこととなります。

このようなトラブルを防ぐためにもまずは警察を呼んで書類を作ることを最優先に考えなければなりません。