車が盗まれ事故を起こされた

Q、僕の車が盗まれて交通事故を起こされました。被害者から補償について僕に連絡が来るのですが、僕は払わなければならないのでしょうか?

2週間ほど前ですが、僕は車を停めていて、自分の車を盗まれてしまいました。
すぐに警察には届けを出して犯人を見つけてもらったのですが、この盗まれた車で盗んだ犯人が交通事故を起こしたようです。
犯人はもちろん捕まっているのですが車を盗んで交通事故をしているので被害者の方への保険補償に関しては、車の持ち主である僕の保険を使ってくださいと被害者の方から直接連絡がありました。

でも僕が事故を起こしたわけではないし、車を盗まれた被害者なので補償する必要はないと思っています。
このような場合どうすれば良いのでしょうか?
車の持ち主として僕は責任を取らなくてはならないのでしょうか?
そうなると車を盗んだ犯人は何の責任も取らないということになってしまいますが、それは納得できません。
なんとか車を盗んだ本人にしっかり責任を取ってもらいたいのですが、どのように話を進めていくのが良いでしょうか?

A、車が盗まれた状況を思い出し弁護士さんを含め、盗んだ犯人と被害者との間で話し合いを持つ必要があります。

車が盗まれてしまいその後に交通事故を起こしたというケースでは、被害者に対する補償問題で大きなトラブルとなってしまうことがあります。
まず車がどのような状況で盗まれたのかについてですが、簡単に盗めるような状況であったならば車の持ち主である質問者様にほとんどの責任があるということになってしまいます。
例えばエンジンをかけたまま車のロックもせず、コンビニやスーパーなどに車を停めていたのであれば、これは明らかに質問者様がしっかりと管理をしていなかったということで、保険を使ってでも被害者の方への補償をしなくてはなりません。

しかしそういった状況ではなく盗んだ本人が車のロックをこじ開けるような形で、その他何かしらの方法でエンジンをスタートさせ、その後に交通事故を起こしたという状況であればこれに関しては車を盗んだ本人が被害者に対する補償をしていかなくてはなりません。
まずはどのような状況で車が盗まれたのかが重要なポイントになってくるのですが、例えば盗まれやすい状況にあったとしても、質問者様が全面的に補償する必要はありませんので、車を盗んだ本人にもある程度は補償してもらうように今後の話し合いを進めていきましょう。

車を盗むほどですから、被害者の方に対しての補償問題もうまく逃げようとするかもしれませんが、そこで弁護士さんを相手に付けておけば都合よく逃げられてしまうことがありません。
このようなケースでは、車を盗んだ本人が例え保険に加入していても、保険会社からの補償は利用できませんので自腹を切って補償することになります。
そのため車を盗んだ犯人は何とかして自分の罪や補償問題から逃れようとする可能性が高くなります。
しかし前述のとおり、弁護士さんの間に入れることによって簡単には逃げることができなくなり、さらにしっかりとした書類を作ることで今後の賠償問題についても冷静で尚且つ公平な話し合いを持つことができます。

被害者の方にしてみれば、車を盗んだ本人であっても車の持ち主が質問者様であっても、しっかりとした補償があればそれで文句はないはずですので、直接的な支払いに関しては、車を盗んだ犯人との話し合いになっていくでしょう。
車を盗まれたという気持ちもあり、感情が高ぶり、大きなトラブルになってしまう懸念もありますから、冷静な話し合いをするためにも間に弁護士さんを立てて今後についてどうすれば良いのかを冷静に考えていくようにしましょう。