交通事故の後遺症はどうやって決まるの?

Q、交通事故での後遺症というのは誰が決めるものなのでしょうか?自分の中に何か症状があればそれが後遺症として認められるものなのでしょうか?

私は3週間ほど前に交通事故の被害に遭ってしまい、今は病院通いをしています。
現在の症状としてはむち打ちの症状のほかに事故が起きた際に足を挟んでしまったため、膝をまっすぐに伸ばすことができず、歩くのも困難な状態です。
骨折などはなかったのですが、痛みと腫れがひどいため、これに関しても、通院しながら処方された薬を飲んで生活しています。
今はまだ3週間程度しか経過していないのでこれからも通院するつもりでいるのですが、このような怪我の場合には後遺症も認められることがほとんどないので、2ヶ月から3ヶ月程度で症状固定となり、その後は示談が成立すると保険会社のスタッフさんに言われました。

しかし友人や両親の話を聞いていると症状が残っている場合には後遺障害が認められることもあるので簡単に示談にしてはいけないと言われました。
初めての交通事故被害者になってしまったため、どのようにして後遺症が認められるのかなどについて詳しいことがわかりません。
また後遺症が認められると言うのは認められなかった場合と何か違いがあるのでしょうか?

痛みなどがなくなっていれば後遺症について気にする必要もありませんが、数ヶ月経過しても痛みなどの症状があれば後遺症についても考えていかなくてはならないと思っています。

A、後遺症認定については医師が行うものとなります。保険会社ではありません。

被害者が受けた怪我によって最終的に後遺障害が認められるかどうかは医師が診断するものとなっています。
まずは症状固定を待たなければならないのですが、症状固定を言い渡されてから一定期間が経過すると後遺障害についての検査が受けられるようになります。
むち打ちなどの場合には症状固定から半年が経過した段階で後遺障害は検査するための申請ができます。
ただしそこで検査を行った結果、後遺症が認められなければ当然ですが後遺症認定が行われませんので、そのまま示談が成立することになります。

後遺障害が認められることになれば認定された等級に応じて慰謝料が支払われることと、お仕事をしているのであればお仕事への影響を考慮して逸失利益というものが支払われることになります。
ここでの慰謝料や逸失利益については保険会社が決めるものとなっているのですが、金額に納得がいかないからと弁護士を立てて保険会社側に慰謝料の請求や逸失利益の請求をする人もたくさんいます。
もちろん後遺傷害が残ってしまったからといって、その後の人生が必ずしも大きく変わってしまうわけではなく、症状などによっては引き続き今の仕事を続ける事も可能です。

後遺障害認定が行われたからといって必ず制限がかかってしまうようなことはありません。
あくまでも痛みが強く残っていたり、その他にも以前と違うと感じるような部分があれば、必ず後遺症についての検査は受けるようにしましょう。
その上で示談を成立させることが大切となります。
先に示談を成立させてしまうと、その後後遺症認定が行われることになっても保険会社はなかなか認めてくれず、やはりここでも弁護士さんの力を借りて、保険会社との話し合いをする必要が出てきます。
友人やご両親は非常に良いアドバイスをくれたのではないでしょうか。