交通事故の休業保証が足りず困っています

Q、交通事故での休業補償についてとても困っています。保険会社から提示された金額で納得しなければならないのでしょうか?休業補償が支払われる基準について教えてください。

私は今現在交通事故の被害者として、通院をしています。
怪我がしっかりと治っていないので仕事には出ることができていないのですが、ここでの休業補償について先方の保険会社ともめています。
私は正社員として働いていますので、仕事に出ることができなければお給料はもちろんですがボーナスにも影響が出てきます。
今回、交通事故の被害に遭って仕事を休んでいる間、ボーナスの支払いがあったのですが、仕事を休んでいることが理由となり、ボーナスも少なくなってしまいました。

加害者側の保険会社に休業補償の請求をしたところ、仕事を休んだ日数の全てが休業補償としてまかなわれるわけではなく、あくまでも通院に出向いた日数や入院であれば入院日数のみが休業補償として支払われると言われてしまいました。
これまでトータルで仕事を休んだのは一ヶ月以上の日数となっており、その中で実際に通院したのは二週間程度です。
痛みをはじめとして、職場へ迷惑をかけたくないのでそういった部分でも仕事を休んでいるのですが、この場合には休業補償については先方の保険会社の言うとおり、通院した日数しか支払われることはないのでしょうか?
痛みがひどく仕事に出かけることができないのに、ここについての休業補償は全くない状態となってしまうのでしょうか?

A、実際に仕事を休んだ日数分で休業補償の請求ができます。改めて交渉した方が良いでしょう。

保険会社からの休業補償というのは稀に上記のようなケースとして通院した日数分しか出せないと言われるケースがあります。
しかし、これはあくまでも保険会社が出来る限り少ない金額で示談に持って行こうとしているだけですので本来であれば仕事を休んだ日数での請求をすることができます。
もちろん、保険会社によってある程度の上限がありますが1年も二年も仕事を休み、その期間の休業補償を請求しているわけではありませんから、トータルで1ヶ月から2ヶ月の休業補償については全面的に補償されるものです。
しかし最初に書いたとおり保険会社側としてはできるだけ少ない金額で済ませたいものですから、このまま示談に向けてある程度強行突破されてしまうような可能性もあります。

そうなる前にまずは弁護士さんに相談し、休業補償について保険会社側に交渉を行ってもらうと良いでしょう。
また期間中にボーナスがあり、事故が原因でボーナスが減ったということもしっかり考慮してもらった上で休業補償の金額を最終的に計算した方が良いです。
休業補償について少しでも金額を減らそうとする保険会社の場合には、最終的な慰謝料も少ない金額を提示してくる事がありますが、ここでもやはり弁護士さんの力を借りることで弁護士基準で慰謝料が計算されますから被害者の質問者様としては得をする形となります。

交通事故での保障面について必ずしも保険会社が言っていることが全てではないため、納得がいかない部分については弁護士さんを頼ってでもしっかり請求していくようにしましょう。
被害者側が我慢する必要は一切ありません。
また、弁護士さんを頼る際にはできるだけこれまで交通事故の案件をたくさん扱っている弁護士さんにお願いするのが良いです。